いとう外科内科クリニック *
* home *
 
おしらせ
 
ごあいさつ
 
診療案内
 
施設紹介
 
案内図
 
尾上情報
 
ギャラリー
 
mailto

 

 

 

 

 昨年も印象に残るニュースが色々ありました。

 中でも、女性の引退のニュースが印象に残りました。
フィギュアスケートの浅田真央さん、歌手の安室奈美恵さん、女子プロゴルファーの宮里藍さんなど、その世界で日本を牽引されてきたスターの引退発表でした。
 また、フリーアナウンサーの小林麻央さん死去のニュースは列島を揺さぶりました。
乳がんでの闘病生活をつづったブログにたくさんの応援コメントが集まったことも話題となり、ご家族の支え,心労もその都度紹介され、多くの人々の心に残った出来事となりました。

昨年2017年の世相を表す「今年の漢字」は『北』でした。
大本命の他、九州北部豪雨、北海道産のじゃがいもの不作、北海道日本ハムの大谷翔平選手や清宮幸太郎選手、競馬キタサンブラックなどが選ばれた理由として挙げられましたが、何といっても北朝鮮でしょう。
金正恩委員長の指揮のもと、北朝鮮が核ミサイル能力を大幅に向上させ、9月3日に6回目の核実験を実施しました。大陸間弾道ミサイル発射も相次ぎ強行し、朝鮮半島情勢の緊張が高まっています。
さらに11月からは、日本海側の青森、秋田、新潟などで相次いでハングル語を表記した木造船や遺体が漂着しました。国連の経済制裁強化の中で、食糧難も相まって、漁獲ノルマ達成のため命がけで無理をした結果とされています。食料調達部隊の兵士かともいわれている乗組員には十分な警戒監視が必要です。

一方でうれしいニュースもありました。
東京・上野動物園のジャイアントパンダ シンシンが6月に雌の赤ちゃんパンダ「シャンシャン(香香)」を出産しました。12月19日から始まった注目の一般公開は、抽選方式で行われ、初日は約46倍の難関だったそうです。
また、陸上男子100mで桐生祥秀選手が日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98を記録しました。卓球やバドミントンなどの選手の活躍とともに、2020年東京オリンピックへと夢が膨らみます。
そして直前には、平昌オリンピックが迫ってまいりました。連戦連勝中の女子スピードスケートの小平奈緒選手(1000M世界記録保持者)や、フィギュアスケートの羽生結弦選手には金メダルの期待がかかります。
またスキージャンプの高梨沙羅選手には、是非ともソチオリンピックの雪辱を期待しております。

旧西鉄ライオンズのエースとして活躍され、年42勝などの偉業を重ねた「鉄腕」稲尾和久さんのお言葉です。
『 限界に挑戦する姿、とても常人にはできないという技術、体力、精神力の発露。
それが無くて なんのプロだろう。』
 来年は、プロ野球の大谷翔平がメジャーに挑戦します。海の向こうでも、果たして
「神様、仏様、大谷様」といきますかどうか。応援してま〜〜〜す。

 『禍福はあざなえる縄の如し』とも申します。平成30年が皆様にとってより良い年になりますよう心から願っております。
いとう外科内科クリニックは、ここ平川市に密着した医療を目指してまいりますので、今後とも御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。



 2018年1月



              いとう外科内科クリニック
                       伊藤博之